光州デザインビエンナーレポスター展

チェコの作家カレル・チャペックの戯曲「RUR-ロッサム世界ロボット製作所」へのオマージュとして、舞台を現代にして描いてみました。ちなみに「ロボット」という言葉は、この戯曲から始まりました。時に1920年のこと。

テーマ:HUMANITY 会期:2019年9月9日 - 10月31日 会場:アジア文化センター(ACC)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • facebook-square

© 2014 by Hitoshi Miura. Miura Creations with Wix.com