検索
  • Hitoshi Miura / 三浦 均

光州デザインビエンナーレポスター展

最終更新: 2019年12月16日


チェコの作家カレル・チャペックの戯曲「RUR-ロッサム世界ロボット製作所」へのオマージュとして、舞台を現代にして描いてみました。ちなみに「ロボット」という言葉は、この戯曲から始まりました。時に1920年のこと。

テーマ:HUMANITY 会期:2019年9月9日 - 10月31日 会場:アジア文化センター(ACC)

#アダムとイブ #人物 #神への挑戦 #SF #ロボット #AI #アンドロイド #カレルチャペック

0回の閲覧

掲載されている作品はすべて著作物です。使用権がクライアントにあるものもありますので、許可なく使用することはできません。

All the works are protected under copyright. It has forbidden using and diverting these without notice.